時事の話題

自然エネルギー環境認証のGSLと協賛企業

民間が主体となった、グリーンサイトライセンス(GSL)という運動があります。

グリーンエネルギーの開発拡大が二酸化炭素等の輩出による地球温暖化阻止に寄与することから、「酸素の輩出拡大」に繋がる『植林』にも力を入れています。

大企業では既に、自社で様々な環境への取組みを行っており、顧客に対して積極的にPRしています。その取り組みとは、山林の保有・植林活動を実施・発展途上国で風力発電の設備建設などですが、その取組みはどれも数10万円から数100万円、あるいはそれ以上の投資が必要な取組みで、小さな会社や個人では、実施が困難です。

そんな中、小企業でも利用しやすい方法として、企業のホームページを通じて、企業が環境に優しい活動を支援していることをPRする『グリーンサイトライセンス』が誕生しました。

グリーンサイトライセンスへの参加企業数は、千葉県の企業や東京都の合同会社A・東京都の企業B等々、全国 11.502社・12,785サイトに及んでいます。

例えば、議会議員選挙の開票速報・開票結果・立候補者の情勢などの政治・選挙のサイトもその一例です。

GSLに協賛して参画すると、以下のように協賛企業の情報が広告されます。

会社情報
会社名:合同会社○○○○
住所:〒aaa-bbb 東京都○○○○*-**-**
参加サイト:○○○○
サイト:○○○○
業務概要:◆◆◆◆

合同会社○○○○は自然エネルギー活動を支援するGSLに参加しています。
GSLは「グリーン電力」「植林」「国連認証排出権」の3つの環境貢献活動から支援する活動を選択することが出来ます。

なお、GSLの環境宣言は以下のとおりです。

  1. CO2削減につながる活動を応援する
  2. 節水、節電をこまめに行う
  3. 省エネ商品を積極的に購入する事を心がける
  4. ごみ(廃棄物)の分別を行い、再利用を心がける
  5. 自社サービス・商品はできるだけ環境に意識して積極的に行う